汲み置き水槽

汲み置き水槽は最上段に乗せてあります。
プレフィルターを通した水を毎日減った分だけ補給します。

汲み置き水槽のエアレーションです。
投げ込み式のリフレスポンジフィルターと水作君が入っています。

設置初期の頃はエアーチューブの途中に流量調整器(点滴に使ってるようなチューブを挟むもの)を通し、一日40L〜80Lくらい流水させていました。(PH計などを参考にしながら)
現在は別に説明するPHコントローラを用い画像の電磁弁により流水をON−OFFコントロールさせています。
電磁弁以降に付いているバルブはニードル弁で流量を絞っています。
現在使っているPHコントローラは他にも4台稼動中で問題なく運用されています。

汲み置き水槽には流水用のサイホン管の他に、画像左側に有るサイホン管も設置してあります。
バルブ(赤ハンドル)下にホース接続用のタケノコ継手が付いているので、薬浴や稚魚を単独飼育した場合でも、汲み置き水槽で温度調節・水質調節をした水を簡単に注水することが出来ます。

水槽システムに戻る

TOPに戻る